iPhoneとApple Watchを同時に充電できるワイレス充電器

今回紹介するのは、iPhoneとAppleWatchを同時にワイヤレス充電できる充電器です。




この充電器はこんな人たちにオススメ
・一日に何度もiPhoneを充電する人
・iPhoneとAppleWatchを使ってる人
・少しでも時間を節約したい人
・机上の充電コードが絡まったりして邪魔に感じている人
・充電コードの先がボロボロで使えなくなってる人

この充電器は、iPhoneとAppleWatchを同時にワイレス充電できる充電器です

この充電器にしてみてよかったことと、この充電器を選んだ理由を紹介します

2つを同時に充電できるワイレス充電器にしてよかったこと

①最大のメリットは時間と手間の節約
置くだけで充電できる。
コードをいちいち差し込まなくていい。
これによって、充電する際の時間と手間が半分になりました。

このワイヤレス充電器を使った場合と、コードで充電した場合どれだけ時間がちがうのか
動画にしてみましたので、こちらのツイート↓で見てください
動画の前半がコードをつないで充電する場合で2つを充電状態にするまでに約10秒
動画の後半がこのワイヤレス充電器で2つを充電する場合で、約5秒と半分の時間です済みます。


たったの5秒かと思うかもしれません
しかし一日に何度も充電する人にとっては、これが数分と積もっていきます
私のように仕事中に頻繁に使っては充電を繰り返す人にとっては、この数秒の節約がどれだけ大切な時間になるかわかるはずです
私は机上を離れて持ち歩いて使うことも多いし、机上の作業中でも使用することが多いです。
机上で使用する時に充電コードを抜いて、終わったらまたコードを刺す。
こんなことをしなくていいんです。
終わったらこの充電器にさっと置けば充電が始まります。
仕事中の一分一秒が惜しい時に、これは本当に助けてくれます




ワイレス充電器を使うことのメリットは他にもある
片手で済むことが実は大きなメリット
充電コードで充電しようとする場合、必ず両手を使わなくてはいけません
片手でiPhoneまたはAppleWatchを持ち、もう片方の手で充電コードを持って刺す
でもこのワイレス充電器なら置くだけですので、片手で済みます。
片手にペンを持っている、手で何かを食べていて他のものはさわれない、そんな時にコード充電では面倒でもワイレス充電器なら片方の手で置くだけです。

充電コードがボロボロにならない
 iPhoneの充電コード、先端がこんなふうに劣化して充電できなくなったなんてことありませんか?
4B3EA506-DA5E-4C84-AE8B-A05EFFBAB5B0.jpeg
 ワイヤレス充電器なら起こりません

机上のコードがすっきり
 コードで充電していると、机上の上のコードが邪魔です。他のものを取る時に邪魔になったり、コードがからまったりして
 iPhoneだけならいいかもしれませんが、AppleWatchも加えて2本になると一気に邪魔になります
 ワイレス充電器に変えて、机の奥に置けば机上からコードが消えます



ワイレス充電器はたくさんある中でなぜこの充電器がいいのか
この充電器と同じように、iPhoneもAppleWatchも充電できるワイレス充電器はたくさんあります。

価格も3千円くらいのものから、この充電器のように9000円前後のものまで、価格差が2倍以上のモノもあります

安いものを買う際に気をつけたいのが
ケータイを置いても充電されない
少しでも置く位置がずれてると充電されない
正しい置く位置がよくわからない
置いた時は充電が始まったはずなのに、いつの間にか充電されなくなってしまう
すぐ不具合や故障が起きる
充電速度が遅い

安いワイヤレス充電器にはこういったものがたくさんあります

いくら安くてもこんなモノを買ってしまっては、無駄な出費です
充電されない充電器なんてただのゴミですからね

私は充電器を買う際にこういったことについてかなり調べました

そこで少し高いけどこの充電器なら満足できると判断し購入しました

購入して4ヶ月位になりますが、現在まで上記のような不具合や不便はまったく感じてません。


シンプルなデザインがiPhoneにぴったり
私が気に入っているもうひとつの大切なポイントがデザインです


寝かせて置くタイプより立てるタイプの方がいいから
ワイレス充電器には、iPhoneを寝かせて置くタイプと、この充電器のように立てて置くタイプがあります
↓これが寝かせておくタイプ
私が使ってるのは、iPhoneを立たせて置きます

寝かせるタイプより立たせるタイプの方を選んだ理由

①机の上のスペースを取らない
寝かせるタイプは机の上で使用するスペースが増えます
立たせる形のほうが場所を取りません

②立たせるタイプなら充電しながら画面が見られる
 立たせるタイプなら充電しながら、画面を見たり操作できます。
 でも寝かせるタイプだと、充電しながら画面を見るのはかなりやりずらいと思います

③充電される位置からズレない
ワイレス充電器は置く位置が少しでもずれると、充電されません。
寝かせるタイプは正しく充電できる位置からずれやすい。
ワイレス充電は、縦も横も置く位置がずれると充電されません。
平面にiPhoneを寝かせておくタイプは、置く際にいちいち正しい位置を確認して置かなくてはいけません

その点この充電器のように立てるタイプは大丈夫です。立てて置くのでそもそも縦の位置がずれることはまずありません。
横に関してもプレートからiPhoneがはみ出さなように置けばほぼ大丈夫です。








"iPhoneとApple Watchを同時に充電できるワイレス充電器" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: